スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
DTM ブログランキングへ

SONAR X2 KeroVeeでケロ声2

予定通りKeroVeeを使ったケロ声について、MIDIを使った方法を書きます。

前回はプラグインエフェクトとして使用し、音声をケロケロにする方法でしたが
今回はプラグインシンセとして使用します。

同じKeroVeeを使いますが、使用方法は全くj異なります。
KeroVeeを使ってボーカルを再生し、再生情報をMIDIに打ち込むというイメージですね。


まずはSONARではKeroVeeがプラグインエフェクトとして認識されているので
プラグインシンセとして登録しなおします。

①ユーティリティーから「Cakewalk Plug-in Manager」をクリックします。
20130216_01.jpg


②このように「VST Audio Effects(VST)」に登録されているはずなので、
赤丸の「プラグインのプロパティ」をクリックします。
20130216_02.jpg  

③赤丸の「シンセとして登録」をチェックしてください。
20130216_03.jpg


④このように「VST Instruments(VSTi)」に登録されればOKです。
20130216_04.jpg


これで準備が整いました。さっそくケロケロさせてみましょう!
ここからが少しややこしいので、しっかり理解してください。


⑤ケロケロしたい音声のオーディオトラックにFXを右クリックして「プラグインシンセ」からKeroVeeを選択します。
20130216_05.jpg


⑥MIDI情報を入力するトラックを追加します。
20130216_06.jpg


⑦トラックビューで赤丸をクリックし、インプットとアウトプットの表示に切り替えます。
20130216_08.jpg


⑧⑥で追加したMIDIトラックのアウトプットをKeroVeeに設定します
20130216_10.jpg


⑨⑥で追加したMIDIトラックにボーカルのメロディーラインを打ち込みます
20130216_07.jpg

 

以上で完了です。それではどうなったか聴いてみましょう。



うーん、微妙ですが、前回のKeroVeeをエフェクトとして使用するよりかは効果が出てると思います。

またこのプラグインシンセとして利用する利点は、MIDIデータにこんな感じでしゃくり上げを入れることにより
もう少しケロケロさせることができます。
ケロ具合が気に入らなければ、このように調整してみましょう。

20130216_09.jpg


しゃくり上げ調整後の音声



かなり違いがお分かり頂けると思います。
以上でプラグインシンセとしてKeroVeeを使用したケロ声についての解説を終了します。

今回は素材が悪くいまいちケロ具合が分かりにくかったですが、大体はこの方法でかなりケロケロする事が可能です。
最近のトレンドでもあるので、一度使ってみてはいかがでしょうか?

それでは

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
DTM ブログランキングへ

この記事へのコメント

- coltan - 2013年02月17日 07:49:45

おはようございます!

う~ん、sonarを使っている私にはプラグインシンセの方が後々なじみやすい感じがします。一言で言えば面白いです♪

他のボーカロイドもこんな風にプラグインシンセとして登録出来ちやうのでしょうかね?

ギターは指使いから練習しようとリットーの「地獄のメカニカルトレーニングフレーズ・反逆の入隊編」をやってます。でも一番最初のフレーズでさえ弾けない有様・・・半年掛かっても1年掛かっても、この本で練習を重ねようと思ってますw

それとTH2でいろいろな音色のパッチを選べますけど、オーディオインターフェイスでほとんどが左の出力が大きくて右が小さいのですが均等に音量を出力するにはどうすれば宜しいでしょうか? スプリッターの問題なんでしょうかね?

- 6thらうど - 2013年02月17日 23:45:02

>>coltanさん
こんばんわ

プラグインシンセとして使う方法はあくまでもKeroVeeに対しての事ので、
ボーカロイドだけでなく、他の楽器でも使えますよ。ただし単音に限りますがw

地獄の・・・は、奇遇なことに僕この前これ注文しました。
ちょっとブランクありすぎなんで基礎からもう一度やろうかと。
まだ届いてませんけど、そんなに難しいならもっと基礎のやつにしとけばよかったかな・・・^^;

TH-2の出力に関しては、僕の環境下ではそのようになりませんね。なぜだろう?
まずインプットが余程の理由がない限りモノラルなので、SONAR側もTH-2側もモノラルにしてます。
TH-2はギターのシールド刺さってるところをクリックして”L”に変えてます。
あとはSONARのPANで真ん中に寄せるだけです。

ギターだけでなく、すべてが右が小さいのならオーディオIFの問題かと思いますが
そうでないなら、TH-2のスプリッターも使わずにすべてモノラルで処理してみてはどうでしょうか?

Delayなどでステレオに振ったりしてない限り、モノラルの方がベターだと思うので
オーディオIFに問題がなければ、これで解決すると思います。

- coltan - 2013年02月18日 20:21:45

いろいろアドバイス有り難うございました! 早速試してみますね。

地獄は私には難しいけど、6thらうどさんには余裕かもしれませんね! ギター教えてもらわないとf(^^;

- 6thらうど - 2013年02月18日 23:06:57

>>coltanさん
はーい、がんばってくださいねー。

自分は本当に上手くないですよ。
速弾きからは逃げてきた男ですので(笑)

とりあえず2年くらいかけて、ゆっくりやりまーす!

トラックバック

URL :

プロフィール

6thらうど

Author:6thらうど
30代の元バンドマン。
DTMとかVOCALOIDでしばらくぶりにギター復帰しました。
現在リハビリ中。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ついったー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
3D球体タグクラウド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。