スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
DTM ブログランキングへ

SONAR X2 FX Chainの使い方

久しぶりにSONAR X2の使い方説明を書こうかと思う。
今回のタイトルはFX Chainです。

FX Chainは簡単に言うと「プラグインエフェクトを組み合わせて、1つの画面で管理しちゃおう!」という物です。
これだけでは分かりにくいと思いますので、実際にやってしまいましょう。


①仮にこんな組み合わせのエフェクトをFX Chain化するとします。
20130409_fxchain01.jpg


②FXのエリアで右クリックしましょう。
メニューが表示されるので「FX Chainへ変換」をクリックしてください。
20130409_fxchain02.jpg


③こんな風にFX Chainとして統合されます。
20130409_fxchain03.jpg


④③の「FX Chain」をダブルクリックで開くと、こんな画面が開きます。
ちなみに下部のエフェクター名をダブルクリックすると各プラグインの設定画面が開きますよ。
20130409_fxchain04.jpg


⑤でもこのままじゃ何も使えないので、右クリックして「つまみの追加」を選びましょう。
ON/OFF機能を追加するような場合は下の「ボタンの追加」でも同様に作業できます。
20130409_fxchain05.jpg


⑥ここでFX Chain上に表示するコントロールを追加できます。
「出力先」をクリックして、追加したいつまみを選択します。 
「名前」に入力した文字列がつまみの表示名になりますので、ご自由に設定してください。
20130409_fxchain06.jpg


⑦このようにつまみが追加されます。
20130409_fxchain07.jpg


⑧⑦の作業を繰り返して、自分に必要なコントロールを配置して完成です。
20130409_fxchain08.jpg


⑨作った設定は右クリックで表示されるメニューより、「FX Chainプリセットを保存」で自由に保存できます。
20130409_fxchain09.jpg




※ちなみにFX ChainはProChannelから右クリックで呼び出せるので、ルーティングも自由自在です。
20130409_fxchain10.jpg    20130409_fxchain11.jpg


いかがでしょうか?

エフェクトの掛け方もある程度テンプ化した物があると思うので、FX Chainを使用すると便利ですよ。
さらにProChannelに組み込んだ状態をプリセットに保存すれば、もっと便利ですね。

SONAR X1ではProChannelに組み込めなかったので、X2における大きな進化と個人的には思っています。
組み込みができないとどうしても、ルーティングが思うようにできないですからねぇ。

ということで、今回はFX Chainの使い方でした。
シーヤーノシ



にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
DTM ブログランキングへ

この記事へのコメント

- coltan - 2013年04月15日 07:33:28

こんな使い方が出来るんですね~。

らうどさんと比べると自分はギターの腕前もDTMもど素人って感じで恥ずかしいですの(ToT)

まだギターのデモ演奏のファイルを読み込んで、オーディオスナップでテンポを変えるくらいにしか使ってないんです。

承認待ちコメント - - 2014年08月13日 10:38:16

このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック

URL :

プロフィール

6thらうど

Author:6thらうど
30代の元バンドマン。
DTMとかVOCALOIDでしばらくぶりにギター復帰しました。
現在リハビリ中。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ついったー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
3D球体タグクラウド
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。